住宅ローン減税の計算方法

住宅ローン減税(住宅借入金特別控除)の控除額は年末の借入残高によって決まってきます。年末の借入残高の1%で上限額が40万円。実際に支払う所得税からの控除となります。

控除額がありながら支払う所得税額が少ないために控除されなかった金額がある場合は、その額と課税総所得額の7%のいずれか少ない方で13.65万円を上限として住民税からも控除することができます

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム