住宅ローンの金利の種類について

住宅ローンの金利の種類住宅ローンを組むとなると、金利が発生します。 お金を借りる側が貸し手に支払う料金のことで、年率に換算したものです。言い換えれば、お金の貸し借りにかかるレンタル料と言えるでしょう。そんな金利には、様々な種類があります。 その種類についてご紹介しますので、お金の借り方の一つとして覚えておくと良いでしょう。

金利の種類とは・全期間固定金利型
全期間固定金利とは文字通り、借入れから全額返済するまで金利が固定されていることをいいます。 市場金利が変化しても返済額に影響はなく、また総支払額が予め決定されますので、家計管理がしやすい、将来設計が立てやすいなどのメリットがあります。しかし借入れ後、金利が著しく低下することで逆に負担が大きくなることもあります。ある程度低下幅が大きくなった場合は、借り換えを検討したほうが良いでしょう。

・固定金利期間選択型
固定金利期間選択型とは、借入れ当初に定められた期間中は同額の金利を払い続け、期間終了後に改めて金利や返済額を見直すことをいいます。期間は2・3・5・10年などから自分で選択することが可能です。また期間終了後は、これまで同様固定金利選択型、変動金利型と選べる仕組みとなっています。金利見直し時になると金利が上昇し返済額の負担も増す可能性がありますので、余裕を持って資金計画を立てましょう。

・変動金利型
変動金利型とは、その時点の金利が採用されることをいいます。ちなみに金利は通常、年に2回見直される仕組みとなっています。低金利時には負担が軽くなるというメリットもありますが、もちろん金利上昇の可能性もありますので、それなりのリスクを伴うものでもあります。大幅に上昇してしまうと、金利を払うのに精一杯になってしまい、元額が減らないということもあり得ますので注意が必要です。

以上を考慮し、住宅ローンを組むようにすると良いでしょう。

千葉県の松戸付近で住宅を購入したい、買い替えたいという方はKa-na HOMEへご相談ください。 次世代の暮らしの新しい提案として、収入付き物件を紹介させていただきます。 ちょっとした自営をお考えの方も、どうぞ一度ご相談ください。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム