解決!! こんな場合でも住宅ローンは組めます

住宅ローン「うちは住宅ローンが組めるのかなあ」「前に住宅ローンは組めないと言われて」「他に住宅ローンを組める方法はないかなあ」せっかく家を買うもしくは建てる計画を立てても、住宅ローンが組めずにつまづき、あきらめてしまう方も多いと思います。なぜ住宅ローンを組めないのか理由を考え、Ka-na HOMEが問題を解決します。


1.年収300万円の壁年収が300万円以下だと住宅ローンを組めないと思われる方は非常に多いです。300万円以下の方でも住宅ローンは組むことができます。

2.自己資金がゼロ、または少ない住宅ローンを組むにあたり、自己資金が準備できてないからあきらめたり、先延ばししたりする方が非常に多いです。自己資金も住宅ローンに組み込むことも可能なのです。

3.仕事が自営業自営業を営んでいる場合、長年の開業年数や収入にかかわらず、住宅ローンを組むのが困難であるのが通例です。たとえ自営業でも住宅ローンを組むことは可能なのです。

4.正社員でない(契約社員である)契約社員という雇用形態であるため、住宅ローンが組めないと思われている方は非常に多いです。契約社員であっても住宅ローンは組めます。

5.仕事を転職したばかりである住宅ローンを組むには、通常最低2年以上の正規雇用が必要であり、短いと否認される場合があります。転職などで勤続年数が短い方でもローンは組めます。

6.健康状態に問題がある健康状態に問題があると団体信用生命保険に加入ができず、住宅ローンの審査が通らないおそれがあります。健康状態に問題がある方でも住宅ローンを組む方法があります。

7.車のローンが残っている住宅ローンを組む際に、車のローンの残債があると、組めない可能性が高くなります。車のローンが残っていても住宅ローンを組む方法があります。

8.クレジットカードの支払遅延銀行口座の残高不足により、支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンは組めないおそれがあります。支払いが遅れた事があっても住宅ローンを組むことができます。

9.消費者金融・キャッシング等の残債がある消費者金融やキャッシング・リボ払いの残債がある場合、住宅ローンの審査が通らない場合があります。このような残債があっても住宅ローンを組むことができます。

10.債務整理をしたことがある弁護士事務所が行っている過払い金返還請求で債務整理をした場合、住宅ローンを組む際に支障をきたす場合があります。債務整理をした事があっても住宅ローンを組む方法があります。

11.家族の借金返済を肩代わりしている家族の借金返済の肩代わりをしている場合、住宅ローンを組むのは厳しくなります。家族の借金返済の肩代わりをしている方でも、住宅ローンを組む事ができます。

12.現在住宅ローンすでに組んでいる今現在のお住まいを購入した際に住宅ローンを組んでしまっている場合、通常「現在ある住宅ローンを完済してから」が条件となります。すでに住宅ローンを組んでる方でも住宅ローンを組む方法があります。

以上の項目に該当する方は、家の購入や建築を最初からあきらめてしまいがちです。 Ka-na HOMEでは、住宅ローンを組むお手伝いをさせていただきます。憧れのマイホームをぜひ手に入れましょう。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム