今、住宅ローン金利が安い

住宅購入の時にほとんどの人が利用するが住宅ローンです。その住宅ローンを選ぶ上で最も気になるのはやはり「金利」です。大きな借り入れを伴う住宅購入は「金利」が低い時に住宅を買った方がよいことはいうまでもありません。

日本の民間金融機関の住宅ローン金利は、平成3年をピークとしたバブル崩壊後は金利が下落し、平成12年からデフレ懸念払拭のため、国のゼロ金利政策の影響もあり、未だ住宅ローンは「超」の付く低金利のタイミングが続いています。ここ数年ではこの「超」の付く低金利に加え「優遇金利」という金融機関の間での競争が激化しています。「優遇金利」とは現在の金利から何パーセント割り引くという約束をすることであり、変動金利の場合「2.475%」ですが優遇金利が「▲1.7%」とは結果的に「0.775%」になるということです。

現在のこの低金利はしばらく続くとは予想されますが、絶対という保証がどこにもありません。金利が一番低い今、住宅の購入・建築はベストなタイミングだと思われます!!

今、金利が何%かご存知ですか?

変動金利 メガバンク(平均) 基準金利 2.475%
金利最大優遇後の最低金利 0.775%
10年固定金利 メガバンク(平均) 基準金利 3.417%
金利最大優遇後の最低金利 1.383%
全期間固定金利 フラット35(融資率9割以下) 返済期間21年以上35年以下の場合 1.730~2.370%
返済期間が20年以下の場合 1.450~2.090%

※住宅ローンの適用金利(借入金利)が決定されるのは、物件の引き渡し時(決済時)となります。また、実際の貸出金利は必ず各金融機関にご確認ください。
※金利の値はすべて平均値です。

自分に合うプランを知る

自分に合うプランを知る住宅ローンの金利タイプは大きく分けると「変動金利」「期間固定金利」「全期間固定金利」の3つ。金利水準の低い順からいえば「変動金利」→「期間固定金利」→「全期間固定金利」となり、金利上昇リスクでいえばその逆になります。

金利タイプの選択はどのタイプを選ぶかによって月々の返済額を決めることになりますが、基本的には損得ではなくバランスと経済余力と返済計画で判断すべきかと考えます。

Ka-na HOMEでは、お客様のスタイルに合った金融機関及び金利の返済パターンをご一緒に考えます。借り方次第では、金利削減はおろか、借入限度額も増やせることもあり、理想のマイホーム作りもさらにグレードアップが望めます。ぜひ一度Ka-na HOMEにお問合せください。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム